返済計画

カードローンに限らずローンというものは、借りたら返さなければなりません。当然、返済時に利息が付きます。

消費者金融は利息商売です。返済が不確実な相手には貸しませんが、確実に返してくれる人から、どうすればもっとも利益を上げられるでしょうか?

それは、なるべく多く、長く借りてくれることです。

随時返済は重要

利用者において、消費者金融の儲けを考える必要などありません。この逆を行きましょう。つまり、なるべく早く返済することです。ローンは、利息だけ返済してもなかなか減りません。元本に対して返済をしていかないといけません。つまり、随時の返済です。

借入れの際、返済月数を選ぶことで毎月の支払額は自動的に決まります。この額が低くても構わないのですが、「これだけ返せば後は使っていい」という考え方は危険です。毎月の返済額は最低のものと心得て、積極的に多く返し、元本を減らしていきましょう。

特にカードローンには、他のローンにはない大きな特長があります。限度額の範囲で繰り返し借り入れできるということです。返し過ぎてしまい、また生活費に不足を生じることがあっても、また借入れることができるのがカードローンなのですから、日々積極的に返していきましょう。

毎月の返済

返済額の多少を問わず、返済を滞らせると困ったことになります。すぐに返済すればほぼ問題はありませんが、2~3か月滞納しますと、大事な個人信用情報に事故として記載されます。

そうなってしまうと、新たにクレジットカードを作ることもできなくなってしまいます。いわゆるブラックリスト入りです。各社とも、メールで返済日を知らせてくれるサービスなど実施していますので活用しましょう。また返済方法も、ATMを使った返済だけでなく、インターネットバンキングでもできますので、忘れず実行しましょう。

もっとも確実なのは口座引落しですが、この場合でも銀行口座に残高がなくなってしまいますと延滞が発生することになります。返済がどうしてもできない場合、業者に相談しましょう。返済を猶予してくれる場合もあります。