職業別のカードローンの注意点

カードローンを借り入れるにあたり、最も重要なのは「安定した収入」があることです。

安定した収入がないと、門前払いとなります。無職であれば、まずアルバイトを始めて安定した収入を得ませんと、申込みすらできません。労働による安定した収入があるなら、アルバイトでも学生でも審査に通る資格があります。とはいえ、審査は万人に平等ではありません。審査において、有利になる職業、不利になる職業は存在します。

職業による審査の違い

職業でいうと、公務員や医師などは審査で有利です。名前の通った大手企業社員もそれに準じます。

いっぽう、水商売は不利とされています。

もちろん、不真面目な公務員も、真面目な水商売従事者もいるわけですが、それでも消費者金融の持つ膨大なデータを取れば、前者は安定して勤務することが多く、後者はそうではないということが明らかなのです。決して、イメージで貸し付けの有無、額を決めているわけではないので仕方ないところでしょう。

そして、信頼の高い職業は年収も高めとなります。総量規制ルールに基づく貸し出しの限界「年収の三分の一」ラインも高くなりますので、高めの借入れ希望額が通りやすくなります。

特に不利になりがちな職業の場合、最初の限度額は低くなるかも知れません。10万円程度にとどまる可能性もあります。ですが、借入れ実績と返済実績を積めば、年収の三分の一の範囲で限度額を上げてもらえることもあるので、あきらめるのは早計です。

雇用形態による審査の違い

正社員かどうかによっても審査の結果は変わります。正社員でなくても安定した収入は持てますし、審査にも通ります。ですが非正規雇用の場合は、審査の結果、借入限度額がどうしても低めになる傾向があります。この場合も、借入れ実績と返済実績を積んでいきましょう。

主婦は借りられる?

以前は消費者金融では、配偶者の年収に基づいて、主婦(夫)名義での借入れが可能でした。

貸金業法に総量規制ルール(年収の3分の1までしか借入れできない)が導入されてから、主婦向けの貸出しはほとんど消滅してしまいました。主婦は自らの「安定した収入」がないので、法律上貸しようがないわけです。つまり無職と同じ扱いです。 主婦(女性)向けの商品も一部にありますが、いずれもアルバイト・パート等で自身による労働収入があることが貸出しの前提となっています。

では、主婦(夫)は消費者金融からはまったく借入れできないのかと言いますと、ごくまれではありますが「配偶者貸付」を実施している業者もあります。たとえば大手通販系の「ベルーナ・ノーティス」において配偶者貸付を実施しています。これは貸金業法で認められた制度であり、収入のある配偶者と本人である主婦(夫)の年収を合算し、その3分の1まで借り入れることが可能になっています。以前大手消費者金融が扱っていた貸付けとの違いは、収入のある配偶者の同意が必要になっていることです。配偶者に内緒で借り入れることはできません。貸付けに手間が掛かるので、扱っている業者が少なくなっています。

学生は借りられる?

学生さんも借りられますが、消費者金融で借り入れできるのは20歳以上になっています。未成年の借入れの場合、保護者の同意のない申込みをあとで合法的に取り消しできるため、リスクが高く手を出さない業者が多いです。

ただし、東京・高田馬場に多数ある学生ローンでは18歳以上の学生にも貸し出しています。貸し出すことが法に触れるわけではありません。学生も主婦の場合と同様、カードローンを申し込むには、自らの労働による収入が必要です。この点、クレジットカードを作るより若干ハードルが高くなっています。

アルバイトをしている学生であれば、問題ありません。年収が100万円あれば、33万円までは、業者の側も貸し出して違法にはなりません。もっとも、非正規雇用者ですから、最初は10万程度借り入れられれば上出来でしょう。