審査に通るコツ

カードローンの審査は、どんな部分を見られるのか心配になる人もいるでしょう。

今すぐ借りたいと思うため、心配し過ぎてつい事実でない申告をしてしまうこともあるかもしれません。ですが、虚偽情報を入力して、いいことはありません。結局、まったく貸してもらえないことにすらなります。くれぐれも、借入れしたい理由も含めて正直に申告するようにしましょう。

過去に延滞があると借入れ困難

過去に2~3か月以上の延滞を起こした方の個人情報には、その情報が記載されています。それが消えていない方は、借入れ困難です。逆に言いますと、こういう方でなく、他社借入が多いわけでもなく、きちんとお勤めしている方ならチャンスは高いといえます。

虚偽の情報を申告すると

申込の際自己申告する情報が、正しい内容でなかった場合どうなるでしょうか?虚偽情報の多くについては発覚してしまいます。その結果、信頼のおけない人と判断され、審査に落ちてしまいます。信頼のない人には貸すのは、消費者金融としてはリスクの高い行為です。

個人情報の嘘はなぜわかる?

カードローン申込みの際、個人情報を入力します。この際まず、氏名・生年月日・年齢等は、本人確認書類を提出する以上隠せないことはお判りでしょう。また、すでに失業しているのに在籍を装っても、在籍確認で判明します。

それ以外の項目で、つい虚偽、あるいは少々美化した内容を入力してしまいがちなのが、例として次の事項です。

  • 年収
  • 勤続年数
  • 非正規労働者であることを隠す
  • 他社借入額と件数

年収、勤続年数、雇用形態などについては、特に50万円以下の借入れ希望で収入証明書を提出しない場合、嘘を書いても消費者金融に判明する余地がなさそうにも思えます。ですが、消費者金融には膨大な累積データがあります。会社の規模を見れば、その社員が年齢や役職によってどのくらいの年収を得ているのかは、比較的容易に推測できるわけです。

推測による妥当な年収が400万円なのに、申込者が年収を600万円と入力すれば、不審の念を持たれます。

実際はアルバイトなのに、正社員を選択する場合も同様です。年収が少ない点で不信を招くことになります。

他社借入額と件数については、これはガラス張りで隠しようがないものだということを知っておきましょう。申込者の個人信用情報にしっかり記載されていて、新規に申込する際にも参照されます。他社借入額には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれます。これも貸金業者による貸付けなので、忘れないよう気を付けましょう。

一般的に、他社借入れ件数が3件以上あると、新規の借入れは難しくなるとされています。

クレジットカードのキャッシング枠で、少額で使わないものなどあれば、クレジットカード会社に電話して枠をゼロにしてもらうこともできます。その分新たな審査が有利に働きます。

貸金業法の総量規制

申込者の借入総額は、消費者金融にとっては大変重要です。貸金業法には「総量規制」というルールがあり、貸付けできる限度額は、申込者の年収の3分の1までと決まっているからです。年収の3分の1超となる貸付けは、法律違反になるのでできません。

無職の人に貸したい業者はいませんが、そもそも収入のない無職は、法律上も借入れ不能です。

他社カードローンやクレジットカードのキャッシング枠については、現在の借入額でなく、限度額が借入額となります。ただし、銀行カードローンについては借入額には含まれません。

申込記録もガラス張り

申告する内容ではありませんが、他社カードローンの申込み履歴も審査における判断内容となります。カードローン等、ローンを申し込んだという記録は6か月間消えません。ある業者に申し込んで審査落ちした場合、続けて申し込むのは考え物です。