家族や会社に内緒にする方法

家族に知られず今すぐお金を借りたい方も多いはずです。家族にばれてしまう原因と、その対策について解説します。

ローン用のカード

消費者金融のローン用カードには、大きく社名が書かれているわけではありません。ですが見かけないカードを持っていれば、家族に不審に思われます。

これに関しては、カードレスにすることで対応できます。通帳を発行しない口座に振り込んでもらうのがいいでしょう。

Web完結の変種で、プロミス、SMBCモビットの、スマートフォンによるキャッシングの方法もあります。これなら、すでにお持ちのスマートフォンがカード替わりになりますので、なかなか家族にはわからないでしょう。

もうひとつ、発行されるカードをクレジットカードにしてしまうという方法があります。現在はクレジットカードを発行している消費者金融はアコムだけですが、自動契約機でも入手できる「ACマスターカード」は、券面に「MasterCard」としか書かれていませんので、よほど業界の知識がない人でない限りは消費者金融のカードだとはわからないでしょう。もちろん、キャッシングは通常のカードと同様にできます。

電話

消費者金融によっては、申込時に確認の電話が掛かってきます。これは携帯電話で受けられますので、自宅にいなければ申込みを家族に知られることはありません。その後電話が掛かってくることは、返済を滞らせてしまうことでもなければ、まずありません。

法定郵送物

法律上義務付けられた郵送物に気を付けましょう。

貸金業法によって、キャッシングの利用明細は、利用者に送付しなければならないことになっています。つまり、借り入れるたびに送られてくるのです。

消費者金融の側も気を遣っていて、社名を記載はしませんし、また、書面の中身が透けて見えたりはしません。ですが、家族にとっては謎の郵送物として映ります。

この郵送物は止めることができます。利用者の同意があれば、法律上もWeb明細が認められているためです。カードローンの申込みをする際に、Web明細を選ぶ項目がありますので忘れないようチェックを入れてください。

それから、会社にはもちろん知られたくないでしょう。

在籍確認の電話は、個人名でおこなわれますので心配する必要はありません。これ以外で知られるのは、長期の延滞をした場合です。この場合、給与の4分の1について、強制執行が行われることがあります。きちんと返済している人には、もちろん何の問題もありません。