他社で既にお金を借りていると審査は?

他の金融機関ですでに借入れがある人は、新規に消費者金融から借入れ可能でしょうか?

法律の問題と、またそれと別に、審査の問題があります。

他社消費者金融借入れがある場合

消費者金融、それからクレジットカード会社や信販会社から借入をする場合も同様ですが、これらのローンにはすべて「貸金業法」が適用されます。

繰り返しご説明していますとおり、貸金業法に基づくローンには「総量規制」という縛りが存在します。年収の3分の1までしか借入れすることができないというルールです。年収300万円の人が、貸金業法に基づく借入限度額合計がすでに80万円ある場合、50万円のカードローンを新規に作ることは、法律上無理となっています。

銀行カードローンや住宅ローンの借入れがある場合

銀行カードローンは貸金業法に基づくものではないので、消費者金融においてこの存在を無視して貸出しをしても、法律上の問題はありません。住宅ローンも、総量規制の範囲外ですので同様です。

ですが、利用者がきちんと返済できる人なのかどうか、審査においては当然これらの存在は影響します。

申込みを受け付けた消費者金融にとっては、銀行からであろうが貸金業者からであろうが他社借入は重要な要素となります。審査結果としては不利に働きます。

なお、銀行カードローンの存在は申告する必要はありません。ですが、この存在も、審査をする業者にとってはガラス張りです。銀行カードローンは現在ほぼすべて、アコムやプロミス等の消費者金融や、信販会社が保証会社として契約に入っています。実質的に審査を行っているのはこれら貸金業者であるため、同じ個人信用情報機関に借入れの事実が記録されているためです。