今すぐ借りたい 〜 急ぎの方の為の即日融資カードローンの選び方とは?

お金って大事ですよね?

「たくさん稼ぎたい〜!」誰でもそう思うでしょう。でも、現実は違う!

この日本においても格差は広がってきています。プライベートジェットでワールドカップを見に行く人もいれば、野草を食べて飢えを忍んでいる人だっています。

たとえが極端ですが、とにかくお金に困っている人は大勢いるということです。特に子供の教育費は家計を圧迫します。教育費無料にできないですかね?日本の偉い人〜!

というわけで、どうしてもお金に困ったら借りるしかありません。

誰に借りるか?友人、親、兄弟?やめましょう!人間関係が崩れます。

お金を借りるなら消費者金融か銀行がおすすめです。きちんと審査を受けてきちんと返済していく、その過程を経てもう二度と借金しまいと自分を戒めることもできるでしょう。もっと仕事しようとおもうようにもなります。

消費者金融か銀行かで迷っている方、急ぎで借りたい、なるべく審査に通りやすい方で借りたいと思うなら「消費者金融」がベストです。銀行は金利は低いですが、その分審査が厳しいですし、即日融資も難しいです。

とにかく急ぎたいなら「消費者金融」でしょう。

今すぐ借りるならお勧めはこちら!

プロミス

プロミス

Web申込で21時頃までに審査・契約が完了すれば、振込みですぐに融資が受けられる。振込は原則24時間365日可能(振込先金融機関にもよる)なので土日祝日や夜間でもOK。

申込みフォームが面倒な人は「カンタン入力」を使って折り返しの連絡を待ちましょう。

郵送物が家に届くのが困る人は「Web完結」にしましょう。Web完結は、返済を口フリ(口座振替)にすることが条件です。

Web完結にするとカードすら送られてきませんが、カードが無くても公式アプリを使ってセブン銀行ATMで現金を出金可能です(スマホATM取引)。

  • 最短30分で審査終了!
  • Web完結で郵送物なし!カードなし!
  • スマホだけでセブン銀行ATMでキャッシング可能

》詳しくはこちら

SMBCモビット

SMBCモビット

Web申込で21時頃までに審査・契約が完了すれば、振込みですぐに融資が受けられる。振込は原則24時間365日可能(振込先金融機関にもよる)なので土日祝日や夜間でもOK。

更に急ぎたい人は、申込み後コールセンターに電話することですぐに審査を開始してくれます。

又、公式スマホアプリを使えば、カードがなくてもセブン銀行ATMでスマホをかざすだけでその場で現金を出金可能です。

  • 最短30分で審査終了!
  • 申込み後コールセンターに電話するとすぐに審査開始
  • スマホだけでセブン銀行ATMでキャッシング可能

》詳しくはこちら

平日昼間にカードローンを申し込む場合

消費者金融のWeb申込

消費者金融での契約の方法は、今は完全にスマートフォンが主流です。無人契約機もまだまだありますが、わざわざ出かける必要がなく、自宅でもどこでもお金に困ったらすぐ申込みのできるスマートフォンが断然便利です。もちろんパソコンでもOKです。でもガラケーは無理です。。

無人契約機に行かないとカードが発行されない?お金がすぐ受け取れない?そんなことはありません。

スマートフォンから申し込んでも融資は振り込みで可能。しかも即日です。ローンカードは後から届きます。
(ローンカードが自宅に届いたらまずいという人は、あとで無人契約機に行きましょう)

振込じゃ困る、現金が必要?だったら、振り込まれた後にコンビニや銀行に行って引き出しましょう!

スマートフォンからの申込みでも、運転免許証等の本人確認書類が必要です(50万円以上、または他社と併せて100万円以上となる借入れの場合には、源泉徴収票等の収入証明書も必要)。

これら証明書類については、スマホで写真を撮って送信するだけです。スマホならすぐ写真が撮れるのでパソコンより簡単です。

消費者金融各社は、審査のスピードの速さを競い合っています。最近では、最短30分で審査が終わります。審査が終わり、契約を完結したら、Web会員サービスにログインして、振込みの依頼ができます(各社多少の手続きの違いはあります)。

即日融資

かつて、銀行振込が平日の午後3時までが普通でした。そのため、消費者金融の振込融資も、だいたい午後2時半頃までに契約が完了しないと無理と言われていました。

しかし、2018年に革命が起きました!

銀行間の振込が遂に24時間365日可能に!(メンテナンス等の一時的な休みを除く)。

これを「モアタイム振込」と呼ぶそうです。

それはいいとして、振込が24時間365日可能になったということは、これまで平日の昼間に申し込まないと間に合わなかった消費者金融も、土日祝日、夜間でも振込融資が間に合うことになったのです。

ただ、審査は9:00〜21:00というのが各社一般的なので、遅くとも夜8時には申し込まないと、審査が翌日に持ち越されてしまいます。

急ぐ人は、午後8時までに申し込みましょう!

当日の振込融資が間に合わない場合

2018年から銀行の24時間365日の振込が可能となりました。

つまり、振込の時間を気にする必要はなくなりました。

よって、当日の融資に間に合うかどうかは「審査に間に合うか?」にかかってきます。

審査は24時間やっているでしょうか?

答えはノーです!

消費者金融の審査は、土日祝日に関係なく夜9時までが一般的です。

なので、当日の審査に間に合わせたければ、余裕をみて夜8時頃までには申込みを済ませたいところです。

ただ、審査は必ず1時間以内に終わる保証はありません。追加の資料を要求されたり、職場への電話確認が完了せず翌日に持ち越しになることもしばしばあります。こればかりは仕方ないとしか言いようがありません。

尚、無人の自動契約機なら24時間やっていると勘違いする人がいます。ATMは24時間ですが、自動契約機の方は審査時間と同様に夜9時に閉まるのが一般的です。

となると、自動契約機のメリットはもう無い?

いえいえ、そんなことはありません。

今でも自動契約機はスマホやパソコンを持っていない、使えない人の為に必要です。また、即日ローンカードが欲しい人も自動契約機に取りにいかないといけないのでまだまだ必要なものです。

自動契約機のある場所

自動契約機は、駅前に数多くあります。大きな看板に覚えのある人も多いでしょう。また、ロードサイドの店舗も地方に数多く見られます。個室内で、オペレーター以外の他人とかかわらずに契約ができるというのが一般的な自動契約コーナーです。

自動契約コーナーには、多くの種類があります。駅前やロードサイドの店舗だけではありません。たとえば、廃止が内定しているものの、SMBCモビットの赤い自動契約機は、駅ナカや、コインパーキング、クレジットカード系のATMコーナーと同居など、実にさまざまな場所にあります。

他にも、一部の三井住友銀行のATMコーナー内に置かれている契約機もあります。こちらで、プロミスとSMBCモビットの、カードローン申込みや、契約後のカード受取ができます。

三菱UFJ銀行のATMコーナー内に置かれているアコムの契約機もあります。

雑居ビルの契約コーナーに入りづらい人にとっては、銀行内契約機はお勧めです。また、銀行内契約機は、銀行口座作成など多様な目的のために設置されていますので、ローン契約のために来たからといって、人目を気にする必要もありません。

銀行内を含めた自動契約コーナーは、空いている時間帯が多いものの、他の客と利用が被ってしまうこともあります。また、自動契約機のある個室は、一室しかない店舗が多いです。

利用が被ってしまうのを避けるためには、消費者金融の公式サイトで調べた上で、店舗の多く集まっている地域に出向くのが確実です。ある店舗の個室がふさがっていても、他の店舗が近所にあれば安心できます。自動契約コーナーへは、必要書類を持って出向くのではなく、あらかじめWebで申込みを済ませ、審査が完了してから出向くのがお勧めです。こうしますと、カードの受取だけすればいいので、すぐに済みます。"

土日祝日の場合

平日と土日祝との違い

振込が24時間365日可能になったことで、土日祝日であっても、消費者金融は平日同様に審査、即日融資ができるようになりました。

では、土日祝日は平日とまったく条件は同じかというと、実は重要な注意点があります。

消費者金融としては条件は同じかもしれませんが、申込者側の条件が違います。

それは、職場への電話確認です。

消費者金融では、Web完結申込み以外は基本的には職場に電話をして本当に勤めているかを確認しなければなりません。

多くの会社では、土日祝日は休みでしょうから、土日祝日に申し込むと「電話確認ができずに融資してもらえなかった」なんてことがあります。10万円以内なら電話確認なしで借りられるなんてこともありますが、その人の属性次第なので確実性はありません。

ただ、休日出勤や交代勤務で誰かしら会社にいるような職場であれば問題ありません。本人がいなくても大丈夫です。そこに「在籍」しているかが分かれば確認は完了です。

電話確認はこうして行われる

いわゆる「在籍確認」といわれる職場への電話連絡ですが、実際どのように電話がかかってくるのでしょうか?

まず、基本的に消費者金融は名乗らずあくまで個人名で電話をかけてきます。

「○○と申しますが、※※(申込者)さんはいらっしゃいますか」

という具合です。

本人が自宅や、自動契約機の前にいて不在の場合は、不在だと回答があるでしょう。スマートフォンからの申し込みで会社にいる場合には、申込者に替わるよう依頼があります。どちらのケースでも、申込者本人が在籍していることが確認できればそれで終了です。心配するようなことはほとんどありません。

土日祝日の審査の問題点は、会社に電話を受けてくれる人がいるかどうかにあります。

出勤している人がいれば問題ありません。たまたま出た人が、やり取りの中で申込者本人の在籍を証明してくれれば、それで在籍確認は完了します。もし申込みの日に、会社ルール的に問題なく鍵を開けて入るのが可能であれば、その日だけ出勤し、自分で電話を取ってしまうという方法もあるでしょう。

電話番号が、Web上に公開されているものであれば、申込者本人が出ても、架空の番号だと疑われることもないはずです。ただ、誰もいないと、週が明けるまで審査はストップします。しかし、そのような場合でも、電話や自動契約機で相談しますと、他の確認手段でOKとしてもらえる場合、または仮審査に基づいて10万円程度貸してくれる場合はあります。ただ、在籍確認が本来必要とされている以上、間違いなく融資を受けられるとは言えません。

電話確認のないカードローンもある

消費者金融では基本的に電話確認をして本当に申告した勤務先に「在籍」しているかを確認するのですが、例外もあります。

SMBCモビットの「Web完結」はお手持ちの銀行口座が「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」で、健康保険の被保険者であるという条件が必要にはなるものの、電話での在籍確認は行われません。ここで勘違いしてはいけないのが、電話以外で在籍確認ができるので電話はしないというだけのことです。そのために前述のような条件があるのです。

プロミスにも「Web完結」という申込み方法があります。口フリ(口座振替)での返済にすればWeb完結にできますが、SMBCモビットと違う点は電話確認はあるというところです。プロミスのWeb完結は「郵送物がない、カードも発行しない」という目的のものです。

年末年始の場合

平日、土日祝を問わず審査してもらえる消費者金融ですが、一年のうち年末年始だけは例外です。

自動契約コーナーは、元旦は休んでいることが多いです。Web申込みのほうはおおむね元旦も稼働していますが、申し込んだからといって、審査が始まるとは限りません。今すぐ借りたいと思っても、思うようにならないのが年末年始です。カードローン申込みをする際は早めに行動しましょう。

もっとも、消費者金融のほうが審査をしてくれるとしても、勤め先の電話に出てくれる人がいないと審査が完了しないのは、土日祝の場合と同様です。勤め先の仕事始めまで審査がストップしてしまっても仕方ありません。この場合もSMBCモビットのWeb完結の場合は融資を受けられる確実性が高まります。

2017年の年末から、2018年年始に掛けての各社の店舗稼働実績は次のとおりでした。

プロミス アコム アイフル SMBCモビット
自動契約コーナー 1月1日 1月1日 休業なし 1月1日
Web申込 1月1日 休業なし 休業なし 1月1日 09:00~02/02 6:00まで休業
審査 1月1日 1月1日 休業なし 1月1日
その他 12月31日は、自動契約コーナー・Web申込みは18:00まで 12月31日は、自動契約コーナー・Web申込みは18:00まで 12月31日おは、三井住友銀行内自動契約機は18:00まで

アイフルは休みがありません。

他社は、1月1日の申込みは可能ですが、審査が始まるのは2日からとなります。これは2017~2018年の実績ですから、実際に年末年始に申し込む必要がある際は、必ず事前に各社の公式サイトでご確認するようにしてください。

カードローンの申込みの流れ

カードローンの申込みの流れをご説明します。今すぐ借りたいときこそ、落ち着いて手順を理解しておきましょう。

必要書類

必要書類は、本人確認書類(必須)と収入証明書です。

50万円を超える借入れ希望の場合、または他社借り入れと併せて100万円を超える借入れとなる場合には、収入証明書も必要です。他社借入には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれますのでご注意ください。

本人確認書類は、運転免許証かパスポート、住基カードなど顔写真のある証明書があればそれでOKです。ない場合は、健康保険証に加えもう一点、住民票、公共料金領収証などが必要となります。収入証明書は、源泉徴収票、確定申告書の写し、給与明細(2か月分)などです。

Web申込みの場合

パソコンやスマートフォンで申込みができます。各社の公式サイトの申込み入口からお進みください。

氏名・住所・生年月日・家族構成・電話番号・自宅の状況(持ち家・賃貸の別)・職場の情報などを入力します。

契約の完結方法も選択します。Web完結の方法だけでなく、申込みをWebでおこない、契約の完結とローン用カードの受取りを自動契約コーナーでおこなうということも可能です。

基本的には、必要書類(後述します)を申込の際に提出します。プロミスなど、自動契約機に持っていったうえで契約を完結できる業者もあります。必要書類は、PCでもスマートフォンでも、写真に撮り、またはスキャンしてアップロードします。Faxでも可能です。

申込みを完了しますと、メールか電話で確認が入ります。審査が完了しますと、通常はメールで連絡が来ます。会員サイトにログインすれば、振込依頼まで可能です。

自動契約機の場合

契約機が空いていれば、すぐ契約を始めることができます。空いておらず、近隣に同一店舗もない場合は、契約コーナーに電話番号が書かれていますので、電話して相談しましょう。そのまま審査を始めてもらえます。

契約機はタッチパネルになっており、自分で操作をします。契約機にはスキャン機能がついていますので、必要提出の提示も簡単です。審査が終わりますと、ローン用カードが発行されますので、店舗内にあるATMコーナーですぐキャッシングできます。

即日融資が可能なお勧めカードローン

プロミス
最短1時間融資!原則24時間振込OK!
プロミス
  • 最短30分で審査終了(※1)
  • 原則24時間振込可能
  • 30日間無利息サービスあり(※2)
  • 口フリ登録でWeb完結も可能
  • スマホATM取引が可能
  • 女性専用窓口あり! プロミスレディース
※1 申込み時間帯によっては難しい場合あり
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
金利 最高限度額 融資時間
年4.5% ~ 17.8% 最高 500万円 最短1時間(※)
※申込み時間帯によっては難しい場合あり

プロミスの公式サイト

SMBCモビット
コンビニでもカードを受け取れる!
SMBCモビット
  • 10秒簡易審査
  • WEB完結申込(電話、郵送物、カード発行なし!※1)
  • 限度額 最大800万円!
  • 24時間振込が可能(※2)
  • クレカ機能とTカードが一体化したローンカード
  • スマホATM取引が可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 金融機関によってできない場合あり
金利 最高限度額 融資時間
年3.0% ~ 18.0% 最高 800万円 最短即日(※)
※ 申込の曜日・時間帯によっては翌日以降になる場合あり

SMBCモビットの公式サイト

アコム
初心者向け!アコムなら恐くない♪
アコム
  • とにかくはじめての人に優しい
  • 最短即日融資だから急ぎでも助かる!
  • 30日間金利ゼロ円サービスでお得!
  • クレジットカード一体型カードも可能
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円
金利 最高限度額 融資時間
年3.0% ~ 18.0% 最高 800万円 最短1時間

アコムの公式サイト

SuLaLi
アイフルの女性専用カードローン
SuLaLi
  • 女性オペレーターが対応するので気兼ねなく相談できる!
  • 他社借入があっても利用可能です!
  • 誰にも会わずにネットだけで手続きが完了!
  • お急ぎでも大丈夫!最短即日融資も可能(※1)。
  • 限度額10万円で借り過ぎない安心感
  • おしゃれなカード!2つのデザインから選べます。
※1 契約の時間帯によっては翌営業日になります。
金利 最高限度額 融資時間
年18.0% ~ 18.0% 最高 10万円 最短即日(※)
※時間帯によっては翌営業日になることもあります

SuLaLiの公式サイト

アイフル
はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
アイフル
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 800万円
※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。
金利 最高限度額 融資時間
年3.0% ~ 18.0% 最高 800万円 最短即日(※)
※申込みの時間帯によっては翌日以降になる場合あり

アイフルの公式サイト