審査なしで借りられるキャッシングは危険!審査を受けて安心できる借り入れを

審査の時間は長いですし、審査で落とされてしまう不安があるので、あまり審査を受けたいと思わない人もいるでしょう。しかし、審査を受けないで借りられるサービスは、とても危ないと考えてもいいのです。

本来は審査をしっかり受けて、お金を貸してもいいと判断出されてから、借り入れを行うのが一般的です。審査を受けられなくても借りられるように仕向けていたり、審査なしでもお金を得られる方法があるなら、悪質なキャッシングと考えておきましょう。

なぜ審査のないキャッシングは危ないのか

審査を受けないままキャッシングのサービスを使うのは、借金を多く抱えているなどの問題を認識されないまま、お金を貸し出されます。借金を多く抱えている場合は、債務整理などの方法を使うことで、減額できる手法も日本では用意されているので、借金を多く抱えている人に貸し出すのは、貸している会社に高いリスクをもたらします。

もし、審査を行っていないキャッシングがあるなら、債務整理などを行わせないよう、取り立てなどに対策を加えているはずです。つまり、審査を行わない会社というのは、金融庁に届け出を行っていない、闇金融の可能性が高いのです。闇金を使ってしまうと、とんでもない利息と取り立てにより、借りている額の倍以上を返済するように求められてしまいます。

日本の貸金は法律で審査が必要とされる

日本の貸金業者は、法令によって定められた審査を行うように求められています。金融庁に登録している業者というのは、日本の法律によって定められた審査を行い、審査の結果によって貸し出せると判断された場合のみ、お金を貸すようにしています。定められた審査を行わなかった場合は、法令違反となり、貸金業者としての資格を取り消されます。

法律によって、信用情報機関などを活用して審査を行うように定められている以上、審査を行わないで貸金を行ってはいけません。利用する側としても、審査を受けないでお金を借りられるという認識は持たないようにして、必ず審査を受けることが必要です。

審査は身分を証明するために重要なこと

審査を行う理由は、貸金業者が安心に貸し出せることを考えるだけでなく、本当に申し込みをしている人が正しい情報を提示しているのか判断しています。特に多い事例として、偽名での申し込みを行い、借り入れを行う悪質なケースが出ています。 偽名などを使われるのは困るので、申し込みを行った本人であることを確認してから、お金を貸す方法を貸金業者は採用します。また、なりすましなどの問題を防ぐためにも、審査を行って本人であることの確認が必要です。

在籍確認や電話による確認は、審査の作業でも本人であることを証明して、確実な信頼性を得るために必要な行為です。在籍確認は面倒だ、電話による確認は嫌だと思っている方も、信頼されるためには必要な行為だと考えてください。なお、キャッシングの会社によって、電話による確認作業を行わず、メールで対応できる会社もあります。

結論

とにかく審査というのは、お金を借りるときに重要な行為であると考えてください。同時に、審査をしっかり受けられないまま借りるというのは、とても高いリスクを背負っているのです。日本の場合は、闇金融の問題が非常に多く、審査を行わないで即日で貸している団体も出ています。しかし、審査を受けない代わりに、とんでもない金利を適応して、倍以上の返済を要求するケースも非常に多いです。

キャッシングを安全に、そして安心に行っていくためには、どれだけ時間がかかっても審査を受けたほうがいいです。同時に、審査を受けていくことにより、自分の信頼性と借金をしっかり返済するという意識を貸金業者に与えます。大きな信頼を持たせていくことによって、お金を貸しても大丈夫な人と判断されますので、安心して借り入れができるのです。

近年は、審査の方法を簡略化している会社も多くなり、審査時間も短い傾向に変わっています。どれだけ審査が短くなったとしても、身分証明などの確認作業、信用情報機関による借金の情報や滞納の有無、更には電話や在籍確認による信頼性はしっかり調べています。安心してお金を借りるために、どの貸金業者を使ってもキャッシングは審査を受ける必要があるのです。

まとめ

審査は面倒だとか、行わなくても信頼性のアピールはできるように感じる方もいますが、キャッシングの審査は非常に大事だと思ってください。そして、審査に協力していくことが、速やかにお金を借りるために必要な行為です。

これからキャッシングを初めて利用される方は、審査を行っている会社が信頼できると考え、審査を行わない貸金業者は避けるようにしましょう。