キャッシングをしなくて済むために!危機的状況を回避するには禁じ手を知る事!?

キャッシングをする理由としては、切羽詰まった状況があるからが理由になるでしょう。しかし、キャッシング時には、してはならないしっかりとした状況判定が必要になります。もしもの時、あとで裁判になったとしても、その借り方が重要で、後々有利になることだってあるのです。

それは、キャッシングの動機とその方法について、詳しく知っておく重要な控え方があるのです。つまり、借金をしてバカを見たという、言い方をしなくていいいために、あらかじめ賢い借金の反対に、悪い借金の仕方を学んでおきましょう。

こんな借り方はしちゃダメ!

賭け事で借りる

賭け事で借りるというのは、もっとも避けなくてはならないやり方です。これは、あらかじめなんの保証もないところに、持っているお金を捨てるどころか、自分の首まで捨ててするやり方になります。つまり、お金に対する正確な意識が足りていません。その結果として、足らないのは結局返すお金どころではなく、利息分の支払い義務以下のことまで、足らなくなるのです。また、賭け事で借りたというレッテルは裁判で不得手となりますので、あらかじめ避けてください。

借金の返済で借りる

借金の返済で借りるというのも、避けなくてはなりません。借金を返済するというのは、実質の労働力によるリターンから、さらに金貸し業者にリターンするという、図式が正解です。自身で働いたお金を返済に充てて生活していくのは、多くのローンで当たり前のことですし、もちろん、必要があってキャッシングすれば、それも当然のことです。しかし、借金の返済に借金で対応するのは、その場しのぎの結果として、最悪の状況に陥ります。通常再度の別方の借金は、当初の利息よりも高くなります。そして、元の借金の元本が減らない状況で、利息のみが、加算され、支払い困難になっていきます。

来月に収入がない状態で借りる

来月に収入がない状態で借りるのも禁じ手になります。人は、簡単な未来予想でお金の収支を判断してはなりません。それは、通常定職に就いている人が、来月の基本給の内から、来月の返済金額の工面を計算できるようになっています。つまり、来月お金が入ってくるから。というなんの確証もない状態で、借りるのは、未来に対する無知と、世間一般への軽視化として、賢い人の借り方ではありません。

適当に借りる

適当に借りるというのは、衝動買い目的で借りるようなものです。つまり、返済能力や返済期限について自問自答することなく、ただ、キャッシュディスペンサーから出てくるのがうれしいというような、まったくの、愚かな手段による借り方になります。こういった場合になると、のちのちの裁判処理の際に、本人に金銭感覚がないとして、法的不履行に陥る可能性が高いです。破産してしまえば、もとのような生活には程遠くなりますので、金銭に対する感覚と意識・学識を学ぶように取り組んでください。

すべての事に、意味を考えることまではできなくても、お金を自分がいくら持っていて、将来どこまで稼げるか。今の預貯金と財布の状況をよく考えてください。

結局、賢い借り方というのは!?

結局、賢い借り方というのは、借りた上で事業に投じて、その利益の分から、借金の返済ができ、しかも繰り越して計上を黒字に転じていける、事業性質のことになります。

ただし、借金をしなくてはいけない、危機的な状況は起こる可能性を否定できません。たとえば、事後や病気。こういったものにたいする借金自体は、法律から見ても、ある程度順当とみられます。 その反対に安易な気持ちで借金をすることが、自分の生活と最低限の生活を脅かすことは、賢くない人たちによくあることです。

つまり、借金をするという状況に対し、意味の通るやり方を心得なくてはなりません。借金する。キャッシングするという状況に対して、どこまで食い下がって、それを阻止するという意志力を持とうとするのか、そのことが、キャッシング地獄からの回避手段になります。

自らが借金をしそうな状況でまず考えなくてはならないのは、働いて収入を得る。その給料日を待つ。そして、節約する。このことで、借金を回避しましょう。

もし、どうしてもの際は、親戚に電話をかけるなどして、業者から借りることを自ら阻止してください。

どうしてもやむを得ない場合にのみ、キャッシングカードを持っておくことは、一つの資産ともみられます。なので、キャッシング自体で、信用の資産を台無しにしないように注意してください。

まとめ

キャッシング自体には、消費者金融のキャッシング・信用信販会社のキャッシング・銀行系のローン・キャッシング・クレジット系でのキャッシングがあります。キャッシングにおける信用は随時、更新されていますので、その順に従って、審査の判定は下されます。

つまり、キャッシングカードを持っているという時点での、その信用的価値と、資産価値は、随時変動するのです。その信用を減らさないように生活し、自活していくという点で、カードは持つべきものと言えるでしょう。つまり、借りなくして、信用調査の判定の度合いを上げていくことが、金融界と同調する生活手段になります。