1社だけでは足りない時は?複数社からキャッシングできる?

カードローンは限度額内ならいつでも借りたり返したりできて便利ですね。

限度額も最高500万とか800万とかいうカードローンもあります。

しかし、はじめて契約すると、最初の限度額は10万とか多くても50万、かなり属性がいい人でも100万円げ限界だったりします。それはその人の年収や他社借入状況とかで決まってきますが、総量規制の1/3よりもかなり低い金額しか最初は貸してもらえないことがほとんどです。

なので、お金をもっと借りたい人は、別の会社にも申し込むことを考えると思います。

しかし、そんなことが本当にできるのか、やってもいいものか、気になることを調べてみました。

キャッシングには利用限度額がある

まず、キャッシングには利用者一人一人に「限度額」というものがあるということはご存じかと思います。クレジットカードの限度額と同じです。

では限度額はどのように決まるのでしょうか?

キャッシングの審査ではその人の年収や他社の借入状況、事故情報はないか?などいくつかの条件を見て「いくらまでならお金を貸してもいいか」を決めています。それを「利用限度額」又は単に「限度額」あるいは「極度額」といいます。ここでは、よく使われる「限度額」として説明していきます。

特に、年収は貸金業法で「総量規制」の規定に関係していて、限度額は最高でも年収の1/3までになります。

「総量規制」は、貸金業者が個人に貸すことの出来る金額を制限する決まりです。

なぜこんな決まりがあるかというと、借りすぎによる破産、貸し倒れを守る為です。総量規制は、年収の1/3までです。しかも、1社あたりの金額ではなく借り手が複数の貸金業者から借りている合計で判断します。

でも、他社の借入状況は自己申告では信用できませんよね?嘘をつくかもしれません。そこで、他社の借入状況をきちんと把握するため、金融機関が相互に債務者の情報を共有する「個人信用情報機関」というものがあります。これで、自己申告が嘘でも間違っていても他社の借入状況を知ることが出来、総量規制を遵守することができます。

しかし、初めてキャッシングを利用する人には信用がまだないので、限度額は、実際には総量規制よりも少ない金額に設定される傾向にあります。

ここまでの話をまとめると、キャッシングは利用限度額の範囲内で利用でき、いくら収入があっても最初は比較的少ない利用限度額になってしまうということです。そのため、最初から大きな金額をキャッシングしたいという場合には、1社からすべてをキャッシングできる可能性は低く、複数社からキャッシングしなければいけないということになります。

複数社からキャッシングする

複数社からキャッシングするためにはいくつか気をつけておかなければいけないポイントがあります。ここではそのポイントを詳しく解説していきます。

借入件数が大きくなってしまうと審査が厳しくなる

キャッシング会社はキャッシングの審査の段階で、個人信用情報機関というところで申し込み者の情報を入手しています。

その情報の中には、申し込み者が何社から合計いくら借り入れているのかが含まれています。この情報で利用者の借入件数が多い場合は審査が厳しくなります。また、申込みで嘘をついてもしっかり信用情報機関で管理されているのですぐにばれてしまいます。申込みで借入件数を偽らないようにしましょう。

自分の会社から借り入れを行ってないとしても、たくさんの業者から借り入れを受けている場合、本当に信用できるのかと疑問がわきます。その結果、属性には問題はないけれどお金を貸すにはリスクがあると判断され、審査に落ちてしまう可能性が高いのです。

借入件数には何が含まれるのか?

そもそも借入件数には何が含まれているのでしょうか?

クレジットカードや住宅ローンは借入件数に含まれてしまうのでしょうか?ここでは、借入件数に何が含まれるのか説明していきます。

まず前提として銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングは当然含まれます。

わかりにくいのは目的別ローンです。目的別ローンとはある1つの目的にのみお金を使うことを前提に組んでいるローンです。目的別ローンで借入件数に含まれるのは、

  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • リフォームローン

の3つのみです。

同じ目的別ローンでも、自動車ローンや住宅ローン、事業性ローンは他社の借入件数に含まれません。

最後に借入件数に含まれるのはクレジットカードのキャッシング枠です。

基本的にショッピングのみに使うクレジットカードである場合は、カードを何枚持っていても審査には影響はありませんが、キャッシング枠の付いているクレジットカードは借入件数にカウントされます。この点はよく誤解されているため、しっかりと確認しておきましょう。

借入件数が審査に影響する基準は?

借入件数が何社以上になると、審査に影響してしまうのでしょうか?

その件数の基準は大手消費者金融と中小消費者金融で異なります。

大手消費者金融の場合

一般的に3社以上から借り入れをしていると審査に通りにくいと言われています。銀行カードローンなどは2社で借り入れできない場合もありますが、基本的に大手消費者金融は他社借入件数3社までなら許容範囲と言われています。

その理由には総量規制が関係しています。

総量規制とは、借りすぎから消費者を守るための法律で、消費者金融系のキャッシングに適用されています。総量規制では、年収の3分の1を超える融資を受けてはいけないという基準が設けられています。つまり、年収450万の人なら150万でしか融資を受ける事ができないという計算になります。

キャッシングの利用限度額は、安定した収入がある場合それほど収入が多くなくても50万円に設定されます。つまり、3社から借り入れを受けている場合1社50万円として150万円まで融資を受ける事ができます。3社から借り入れを行っている時点で450万円以上の年収が求められ、サラリーマンの平均年収から考えてもそれだけもらっている人は少ないと言えます。よって、3社を基準としている消費者金融が多いのです。

中小の消費者金融の場合

一方で中小消費者金融の場合は大手に比べ顧客集めに苦戦しています。

そのため、大手消費者金融よりも基準を甘くしている傾向にあります。大手消費者金融と同じ基準にしても大手消費者金融には勝てませんからね。

しかし中小消費者金融でも他社借入件数4社までが許容範囲で、5社以上になると審査は厳しくなると言われています。

多重申込に注意

複数社からキャッシングを受けることは可能ですが、短期間で複数社と契約すると多重申込と認定されてしまいます。

早く融資を受けたいからといって短期間に複数のキャッシング会社に申し込みをするのは危険です。

多重申込はブラックの1つであり、信用情報機関に登録されてしまう可能性があります。もしそうなればどこの審査にもうからないということも考えられるため注意しておきましょう。

足りない場合は増額申請する方法もあり

1社ではお金が足りないという場合には増額申請するという方法もあります。

しかし、増額に対してもしっかりと審査があり、ある程度実績がある方でないと増額できません。ここからは、増額申請の仕方からどれくらい時間がかかるかまで、増額申請について詳しく解説していきます。

増額申請の流れ

増額申請の流れとしては大きく2つあります。それは、

  • 増額申請を利用者が希望する場合
  • 増額申請をキャッシング会社が提案する場合

です。

キャッシング会社としては、きっちり返済してくれる信頼のある人にはできるだけたくさん借りてほしいため、増額しませんかという電話がかかってくるケースがあります。そのときは、ラッキーだと考えて増額には応じておいた方がいいでしょう。

しかし、「増額しませんか?」という提案はいつ来るか分かりません。いまお金が必要であれば、利用者側から増額申請をしましょう。

利用者側からの増額申請の手順は次の通りです。

1. 増額申請を行う
増額申請はインターネット、店頭窓口、電話によってすることができます。インターネットから行う場合は会員ページから、電話は会員専用ダイヤルから申し込むとスムーズに行えます。増額申請は新規申し込みのようにたくさんの情報を入力する必要はないため、数分で完了します。

2. 増額審査
増額申請が行われればキャッシング会社の審査に移ります。この審査で見るポイントは大きく3点です。それは、

  • 利用実績
  • 信用情報
  • 個人情報

の3点です。まず利用実績では、借り入れを行い、一定期間以上遅れずに返済しているかが見られます。返済が遅れていない場合は問題ないといえるでしょう。信用情報では、他社からの借り入れ状況や金融事故を起こしていないかが見られます。個人情報は、家族構成や勤務先が変わっていないかなどが見られます。

3. 審査結果
増額の結果はインターネットや電話で伝えられます。

増額審査にかかる時間は?

増額審査は新規申し込み時に行う審査に比べて簡単なものとなります。

そのため、審査もスピーディーに行われます。消費者金融の場合は即日審査も可能となっており、遅くても3日以内には審査は完了します。

借り換えローンを利用する方法もあり

カードローンの借り換えとは、現在借りているカードローンよりも金利が低いカードローンから借り入れを行い一括返済する方法です。

金利は設定された限度額が大きくなれば低くなります。だから、複数社からキャッシングを行えば限度額の小さい契約を複数持つことになりそれぞれの金利も高くなってしまいます。

そこで、複数の借金を1社にまとめれば限度額は大きくなり金利は低くなります。金利が低くなると毎月の返済金額や総返済金額が低くなります。

このように、基本的には借り換え後はこれまでよりも返済額が少なくなります。

しかし、借り換えローンは、組み方によっては今よりたくさん返済に充てなければいけなくなることもあります。そのため事前に、借り換え後の毎月の返済額や総返済額についてシュミレーションしておくことをおすすめします。借り換えを行って返済できず滞納してしまったら意味ないので、その点に関しては借り換えを行う前にしっかり確認するようにしましょう。

まとめ

  • 1社で足りない場合は複数社からキャッシングを受けることは可能
  • 複数社からキャッシングを受ける際は借入件数や多重申込に注意
  • 利用限度額は利用者に問題がなければ増額できる
  • 金利を安くできる借り換えも要チェック